2014/11/05

Taylor Swift - Shake It Off 歌詞と和訳とちょっとした解説

今回は、先日リリースされたTaylor Swiftのニューアルバム"1989"から、リードシングルの"Shake It Off"を和訳してみたいと思います。





I stay out too late
Got nothing in my brain
That's what people say, mmm-mmm
That's what people say, mmm-mmm

夜更かししすぎて
頭の中は空っぽ
みんなそう言ってるの

I go on too many dates
But I can't make 'em stay
At least that's what people say, mmm-mmm
That's what people say, mmm-mmm

たくさんデートしてきたけど
みんなそんなに続かないの
少なくともみんなそう言ってる

But I keep cruising
Can't stop, won't stop moving
It's like I got this music
In my mind
Saying, "It's gonna be alright."

でもクルージングは続けるわ
私は止められないし、止まるつもりもない
頭の中から音楽が流れてくるみたいな感じ
『きっと上手くいくわ』って言ってる

'Cause the players gonna play, play, play, play, play
And the haters gonna hate, hate, hate, hate, hate
Baby, I'm just gonna shake, shake, shake, shake, shake
I shake it off, I shake it off
Heart-breakers gonna break, break, break, break, break
And the fakers gonna fake, fake, fake, fake, fake
Baby, I'm just gonna shake, shake, shake, shake, shake
I shake it off, I shake it off

だって遊び人たちは遊び続けて
嫌う奴らはなんだって嫌うのよ
ベイビー、みんなシェイクして振り払ってやるの
傷つける奴らはずっとそうだし
嘘つきな奴らだってだまし続けるし
ベイビー、みんなシェイクして振り払ってやるわ

I never miss a beat
I'm lightning on my feet
And that's what they don't see, mmm-mmm
that's what they don't see, mmm-mmm

一瞬だってひるまない
足取りも軽くなってきてるのに
みんなそれに気づかないの

I'm dancing on my own (dancing on my own)
I make the moves up as I go (moves up as I go)
And that's what they don't know, mmm-mmm
that's what they don't know, mmm-mmm

一人きりで踊ってる
どんどん激しくなっていくけど
みんなそれを知らないの

But I keep cruising
Can't stop, won't stop grooving
It's like I got this music
In my mind
Saying, "It's gonna be alright."

でもクルージングは続けるわ
私は止められないし、止まるつもりもない
頭の中から音楽が流れてくるみたいな感じ
『きっと上手くいくわ』って言ってる

'Cause the players gonna play, play, play, play, play
And the haters gonna hate, hate, hate, hate, hate
Baby, I'm just gonna shake, shake, shake, shake, shake
I shake it off, I shake it off
Heart-breakers gonna break, break, break, break, break
And the fakers gonna fake, fake, fake, fake, fake
Baby, I'm just gonna shake, shake, shake, shake, shake
I shake it off, I shake it off

だって遊び人たちは遊び続けて
嫌う奴らはなんだって嫌うのよ
ベイビー、みんなシェイクして振り払ってやるの
傷つける奴らはずっとそうだし
嘘つきなの奴らだってだまし続けるし
ベイビー、みんなシェイクして振り払ってやるわ

Shake it off, I shake it off,
I, I, I shake it off, I shake it off,
I, I, I shake it off, I shake it off,
I, I, I shake it off, I shake it off

Hey, hey, hey
Just think while you've been getting down and out about the liars and the dirty, dirty cheats of the world,
You could've been getting down to this sick beat.

考えてみて 嘘つきや汚い奴ら、そんな世の中のせいで落ち込んだりしてるくらいなら
この病みつきになるビートにのっちゃえばよかったのに

My ex-man brought his new girlfriend
She's like "Oh, my god!" but I'm just gonna shake.
And to the fella over there with the hella good hair
Won't you come on over, baby? We can shake, shake, shake

元彼が新しいガールフレンドを連れて来て
彼女は『オーマイゴッド!』って感じ でもそんなの気にしないの
そこの超カッコいい髪の男の子に
こっち来ない、ベイビー?って 一緒にシェイクするのよ

Yeah ohhh

'Cause the players gonna play, play, play, play, play
And the haters gonna hate, hate, hate, hate, hate (haters gonna hate)
I'm just gonna shake, shake, shake, shake, shake
I shake it off, I shake it off
Heart-breakers gonna break, break, break, break, break (mmmm)
And the fakers gonna fake, fake, fake, fake, fake (and fake, and fake, and fake)
Baby, I'm just gonna shake, shake, shake, shake, shake
I shake it off, I shake it off

Shake it off, I shake it off,
I, I, I shake it off, I shake it off,
I, I, I shake it off, I shake it off
I, I, I shake it off, I shake it off

Shake it off, I shake it off,
I, I, I shake it off, I shake it off,
I, I, I shake it off, I shake it off,
I, I, I shake it off, I shake it off

Shake it off, I shake it off,
I, I, I shake it off, I shake it off (you've got to),
I, I, I shake it off, I shake it off,
I, I, I shake it off, I shake it off


この歌は、Taylor Swiftが自身を批判する相手へ向けて書いたもので、彼女は歌について、『私たちにはみんないつだって言いたい放題だし、それをコントロールするなんて出来ないんだって学んできたの。コントロールできるとしたらむしろどうリアクションするかってことね。』 と語っています。


Taylor は自分が常に追い回されることに対して大きなストレスを抱えているようで、さらに掘り下げたコメントも残しています。

『人生の全ていちいちをとりあげられるのにはもうウンザリなの。私の選択だとか、行動とか、言葉とか、体とか、スタイルとか、音楽とかあれこれね。こんな監視されてるような毎日で暮らしたら、壊れちゃうか、うまくごまかすようになるかどっちかしかないわ。』

『結局、どううまく処理するかって、もうShake it off(振り払っちゃう)しかないでしょう。』


1989を通して伝えられているメッセージですが、強く生きていく決意のようなものを感じる歌ですね。



47 件のコメント:

  1. 直訳だから全然、ニュアンスや意味が違う
    デタラメ訳

    返信削除
    返信
    1. そう指摘をするのであれば、ご自身が和訳した適切なものを載せましょう。

      削除
    2. 同意。全然違いますね、、

      削除
    3. どこがちがうのか具体的に書いてもらえませんかね?

      削除
    4. 完璧な和訳なんて存在しない。洋楽の醍醐味はいろいろな訳を知る事なのに。
      今の人はそれを忘れたのかな?
      青春時代、仲間と一曲の洋楽を和訳し合ってその違いを批評し合った楽しみは今の人には理解できないのかな?
      残念だ。

      削除
    5. フォローのコメント自分で入れてそーww
      でたらめは言い過ぎと思いますが、翻訳ソフトに入れて少し直した感じですね。
      和訳サイトを出す英語レベルで無いのは事実ですよ。

      削除
    6. 全然英語をわかってねぇ
      英語は言語だぞ言語は人と時代に生きるものであって固定化されたものじゃないぞ
      解釈なんて人それぞれだろ?
      デタラメなんてのはきめられねぇよ


      削除
    7. 日本語の曲でも英語の曲でもニュアンスや意味は人それぞれでは?むしろここまで綺麗に直訳できたのは凄いと思う。偏った解釈を入れないほうが良い。

      Whether it's Japanese or English songs, shouldn't the meaning and nuance of the song depend on the person? I think it's pretty nice that the translation could be so direct and not sound too awkward. It's better that the lyrics are not heavily affected by one's own interpretation.

      削除
    8. おいバカボン、こまかいことは気にしてはダメなのだ

      削除
    9. I'm a native speaker of English and study Japanese. Excellent translation and interpretation! Bravo!

      削除
    10. コロンブスの卵って知ってる?w

      削除
    11. あなたは訳に対して何を求めていますか?
      皆さんが言った通り完璧な訳は存在しません。
      文化の違いで、まったく同じ意味をする英単語と和単語はそうありません。
      例えば、日本語には遠回しに表現することができますが、英語はそうはいきません。
      翻訳者によっては、日本語訳にすると全く違う表現になります。

      削除
  2. プロモを見た時には素通りだったのに、
    Try it のCMで好きになって拝見しました。
    とても参考になりました。軽快な音楽とは相まって、人生訓ともとれるような
    売れっ子のテイラーだからこそ説得力のあるメッセージも込められているのですね。

    返信削除
  3. Shake it off the haters(comments), hete,hate,hate,hate,......
    I really enjoyed the Japanese meaning.
    Thank you for the column.

    返信削除
  4. Hey, hey, hey Just think以下のくだり、色んな和訳が出てますが、英語サイトとか色々調べてみると、
    意味としてはこの訳で合っているように思います。

    返信削除
  5. 批判する奴らはなんだって批判するのだから
    みんなシェイクして振り払って下さい♪

    返信削除
  6. そんな背景があったんですね!
    私もShake It Off したい!

    返信削除
  7. Taylor 自身はもちろん、サイトのページを割いて、時間をかけて訳をしてくださって、私たちが読める、それはそこに表現者がいるから。
    人の表現をとやかく言うのは、ずっと少ないエネルギーできること。
    みんな知ってることです。
    「批評家はいらない」という言葉もあります。

    もちろん、ご本人が書いてるその英語だって、Nariveが100人いれば100通りの受け取り方をされています。
    あ、そうなのか、そんな意味なんだね、と何となくわかって、それからPVを見て、音楽を聴いて、もしかしたら違うのかなと思うのは、受取手の問題。
    それが芸術を作るだいごみではないかと。
    心を揺り動かし(shake)人に考えさせるわけですから。
    それをふくめて、このかわいいお嬢さんは、Shake it off !! っておっしゃってるのでは?
    短い単語をつなげた、構文のない歌詞を訳出してくださるご苦労に感謝。
    私も、色々Shake it off したいものがあるような。

    返信削除
    返信
    1. 批評家はいらないとかありますが、批判家にイラッとして批判してる時点で批判家の仲間。
      マジで頭悪い。

      削除
    2. イラッとして批判はしていないと思いますよ。
      頭も悪くない。
      100人100通りの受け取り方があって、このサイトをみて、自分の受け取り方と比較して面白い。と、おっしゃっているのでしょう。
      自然で、普通の感想だと思いますよ。
      残念なのは、この和訳がダメだ。と、おっしゃっている方々が、どこをどうすればいいのか、具体的な和訳文を公開していないことです。
      こんな私も批判家かな?
      イラッとしてませんが・・・
      頭は悪いかも知れませんが・・・

      削除
    3. 批評家を批判家と、言葉を無意識に変えてる時点で自分のフィルターをガッツリ通して勝手に悪いイメージに変えてるのも頭悪い感じがします。
      イライラしすぎですね。

      削除
  8. >批判家にイラッとして批判してる時点で批判家の仲間
    集合論のパラドックスだね。クラスを使って定式化すれば問題なし。

    返信削除
  9. つか、邦楽でさえ意味不明なのに海外の歌詞に意味を求めるのもナンセンス

    返信削除
  10. アメリカで働きながら勉強してます。
    この和訳に元気をもらいました。
    ありがとうございます^^

    返信削除
  11. いいとおもうよ! 

    返信削除
  12. The lyrics are translated well. Nicely done!

    返信削除
  13. 文章の解釈は人それぞれです。
    このページに書かれている翻訳文を見て、私はtalorがどういう気持ちでこの曲を書いたのか、「私なりに」考えることが出来ました。
    洋楽の翻訳ページには、訳者さんの意見を翻訳文にかなり反映してあるページもありますが、私は「読者に作曲者の意図を考えさせてくれる」ような、ある意味直訳に近い翻訳文の方が好きです。
    多くの読者に寄り添い、多様な解釈を促すこのページのスタイル、素直に「いいなぁ」と感じました。

    返信削除
    返信
    1. これだけコメントが寄せられるくらいですもんね。
      言葉足らずの「言わない美学」が議論を通じて人を繋ぐんだろうな~…
      Taylorもこれだけの人に解釈を考えてもらってるんだし、翻訳者さんは良い仕事しましたね(´∀`)笑

      削除
  14. コメントありがとうございます。
    また、拙い訳ですが、読んでこうして様々な意見を頂けることもとても嬉しく思います。

    Unknownさんにいただいたコメントの通りなのですが、
    訳の作成にあたってはなるべく解釈を挟まず、
    日本語を読んでも『作曲者はどういった想いでこの詞を書いたのか』考えられるような訳を心がけています。
    (過度な直訳も避けてはいますが・・・)

    私も完璧な英語を使いこなせているわけではありませんので、いただいたご意見はそれぞれ意図も考えつつ参考にさせていただいております。

    ありがとうございます。

    返信削除
  15. そもそもこのやり取りにうんざりの歌詞じゃないの?

    返信削除
  16. 【何もしない人ほど批評家になる】

    自分がバカにされないことに意識を集中する。
    これが劣等意識がもたらす「引き下げの心理」。
    部下の行動、妻の言動、何かのコラムに批評することで
    「自分の方が偉いんだ!凄いんだ!」と自分で確認しなければ、気がおさまらない。
    だから、良いところより、批判することにのみ、すぐに意識が向く。

    なぜ、人を誉めること、よい所を認めることにこれほど、ある人は抵抗感を持つのか。
    誉めないまでも、一つの考え方としてとらえる事ができない。

    演劇や舞台の批評文ばかりを見て、あの舞台はキャスティングミスさ、
    台本の流れが問題さと、退屈と苛立ちにアグラをかいて、人を批判するより、
    一生懸命作っている演出家や出演者の方が人生を楽しんでいて、心からの友達も多いはず。
    何もしない人ほど批判精神ばかりを育てて、人生を孤独にする傾向がある。
    批判ばかりがクセになると、自分の小さな行動に対しても「くだらない」「意味がない」
    と自分にも批判精神は向いてしまい、自分の前向きなエネルギーまでもが枯渇する。

    返信削除
  17. 批判コメントする事じたいがバカみたい。いいじゃん!自由で!そういう場でしょ、ここは!批判する人は羨ましいんだよね、自由にコメントする人の事が。いいじゃん、自分自由になれば!自分の部屋の中だけだって、笑顔で踊れたら、歌えたらいいじゃん!人を中傷する事で自分を救うのはやめようよ!相手を受け入れた時、本当のあなたが笑顔で現れるんだよ!

    返信削除
  18. 批判コメントする事じたいがバカみたい。いいじゃん!自由で!そういう場でしょ、ここは!批判する人は羨ましいんだよね、自由にコメントする人の事が。いいじゃん、自分自由になれば!自分の部屋の中だけだって、笑顔で踊れたら、歌えたらいいじゃん!人を中傷する事で自分を救うのはやめようよ!相手を受け入れた時、本当のあなたが笑顔で現れるんだよ!

    返信削除
    返信
    1. >>批判コメントする事じたいがバカみたい。いいじゃん!自由で!
      批判コメントをするかしないかも自由では?
      そもそもこのコメントが批判コメントに対する批判だろ。

      削除
  19. Heart-breakers gonna break, break, break, break, break
    恋破れる人は、破れて、破れて、破れて、破れて、破れてる。

    その他はOKやないでしょうか。いや、OKです。

    返信削除
  20. 批判するより生み出す方がはるかに勇気いるし、エネルギー要る。
    私はこの歌詞を読んでプレゼンに挑み成功しました。ありがとう

    返信削除
  21. 訳だけでなく、曲のできる背景までご説明頂き感謝!
    ありがとう!

    これからも頑張ってね!

    返信削除
  22. 自分も暇つぶしに和訳してみたんですが、自分とは違った雰囲気で見比べながら楽しめました!

    これからも頑張って下さい!

    返信削除
  23. この歌詞、本当に大好きです!
    和訳、ありがとうございました!
    お気に入りのノートに4回くらい、書き写しましたww

    返信削除
  24. この歌詞、本当に大好きです!
    和訳、ありがとうございました!
    お気に入りのノートに4回くらい、書き写しましたww

    返信削除
  25. 日本語訳をありがとうございます。
    どんな情報も、文字にする時点で書く人の主観が交じるのだから”間違っている”ものです。私はフランス在住で日々英語での会話・勉強もしていますが、この訳は悪くないと感じました。何より、歌詞の裏にあるアーティストの想いも添えてくれているのが素敵ですね
    (まあ、100人が100人同じ意見じゃ世の中つまらないのですが。)

    返信削除
  26. みんな「何回もデートしたって続かない」って言うけど
    …ってくだりはTaylor Swift自身に対する世間みんなの反応ですよ。Taylor Swiftは元彼が多いことで有名なシンガーでもあります。
    そこが訳としてあんまり伝わらなかったかな、と思いました。他のところは特に気にならなかったのですが。

    ここの批判者はどこが悪いか書かないくせに批判してますね、それこそshake it off!してくださいね

    返信削除
  27. 日本語訳ありがとうございました!私はこの翻訳好きだと思いました。
    批判されてる方は好みじゃなかったようですね!

    批判されてる方、人間というのは自分に都合よく解釈する生き物なので 自分の"好きなもの"="正しい"、"嫌いなもの"="悪い,不正解"としてしまう人が多いんですよ。
    迷信ともいいますね?
    「そうゆう考え方もあるんだな」と他者の様々な考えから学んだり、もう少し視野を広げてみませんか?

    返信削除
  28. 訳 ありがとうございました。
    大変役に立ちました。いろんな解釈があって楽しいです。
    代案ない批判に対してはshake it off ですね。

    返信削除
  29. I never miss a beat
    で「ビートは逃さないわ」っていう訳はちょっと残念ですね。
    動揺するとかの意味です。
    skip a beat(ドキッとする)とあわせて学びましょう。

    返信削除
  30. みなさまコメントありがとうございます。

    miss a beatのイディオムは勉強不足でしたので、修正させていただきました。失礼致しました。

    ネイティヴの方ともいろいろと話す機会があり、たまたまこの歌の話にもなったのですが、いくら英語に堪能であっても、やはり歌の歌詞というのは聴く人によって解釈が何通りもあって、正解はないんだろうね、という話で終わりました。

    あまりコメントとは関係ありませんが、気が付けば1989のアルバムリリースからはもう2年以上経ってしまいました。

    これまでのアルバムリリースはちょうど2年ごとなので、少し一休みの期間なのかもしれません。次のアルバムも楽しみですね。

    返信削除