2014/11/15

ニック・ワレンダ 地上180メートルでの綱渡りに成功

先日、アメリカのディスカバリーチャンネルにて、命綱なしで地上180メートルの綱渡りを行うという企画が放送され、話題を集めていました。

動画もYouTubeで公開されており、その緊張感とスリルを味わうことが出来ます。





ちなみに綱渡りを行った人は、その筋では有名なNik Wallenda(ニック・ワレンダ)という人で、これまでもグランドキャニオンやナイアガラの滝など、命知らずな綱渡りを数多くこなしてきた綱渡リストです。

彼が渡っていたのはシカゴにあるマリーナシティタワーという名所なのですが、15度の勾配のあるワイヤを渡り切った後、さらに別のワイヤを今度は目隠しで渡る、というチャレンジも行っていました。

チャレンジは生放送で行われ、見物に訪れた観衆は6万人超だったとのことです。


2つとも見事成功し、『世界で最も高い場所での綱渡り』と、『世界で最も高いところでの目隠しした綱渡り』という2つのギネス記録に認定されています。クレイジーですね。

彼の夢はニューヨークでの綱渡りだとか。

次のチャレンジも楽しみです。



7 件のコメント:

  1. 素晴らしい記事、共有するためのありがとう!

    返信削除
  2. nice article,, thanks for sharing !!

    返信削除
  3. Thanks for the information very interesting and useful.

    返信削除
  4. Thanks. Very interesting information

    返信削除
  5. This article is nice and interesting I really like, thank you for sharing!

    返信削除