2010/11/21

Coldplay Viva La Vida 歌詞と和訳とちょっとした解説

今回はColdplayのスマッシュヒットシングル、Viva La Vidaをお届けします。叙述的かつ抽象的な歌詞で、解釈するのも難解ですね。



Coldplay - Viva La Vida


I used to rule the world
私は王だった

Seas would rise when I gave the word
言葉を与えれば 海はうねりを上げた

Now in the morning I sleep alone
今この朝は 私は独りで眠る

Sweep the streets I used to own
かつて私のものだった道を掃く

I used to roll the dice
私は賽を振った

Feel the fear in my enemy's eyes
敵の瞳には恐怖が映り

Listen as the crowd would sing
群集が歌うように聴く

"Now the old king is dead! Long live the king!"
「古き王は死んだ!王よ永遠なれ!」

One minute I held the key
鍵を掲げると

Next the walls were closed on me
壁は私を閉じ込めた

And I discovered that my castles stand
私の城は

Upon pillars of salt and pillars of sand
砂と塩の柱でそびえていた

I hear Jerusalem bells a ringing
エルサレムのベルが鳴る

Roman Cavalry choirs are singing
ローマ騎兵の聖歌隊が歌う

Be my mirror, my sword and shield
私の鏡となり 剣となり 盾となり

My missionaries in a foreign field
異国の宣教者となれ

For some reason I can't explain
口には出来ない理由

Once you go there was never
一度もそこへ行くことはない

Never an honest word
口には出来ない言葉

And that was when I ruled the world
私が王だった頃

It was the wicked and wild wind
邪悪な激しい風が

Blew down the doors to let me in
ドアを叩き私を招く

Shattered windows and the sound of drums
砕けた窓と太鼓の音が

People couldn't believe what I'd become
人は私を信じることが出来なかった

Revolutionaries wait
革命家たちは待つ

For my head on a silver plate
銀の皿の上にある私の首を

Just a puppet on a lonely string
糸で操られる人形のような

Oh who would ever want to be king?
誰が王になることを望むだろうか?

I hear Jerusalem bells a ringing
Roman Cavalry choirs are singing
Be my mirror, my sword and shield
My missionaries in a foreign field

For some reason I can't explain
I know Saint Peter won't call my name
Never an honest word
But that was when I ruled the world

I hear Jerusalem bells a ringing
Roman Cavalry choirs are singing
Be my mirror, my sword and shield
My missionaries in a foreign field

For some reason I can't explain
口には出来ない理由

I know Saint Peter won't call my name
聖ペトロは私の名を呼ばない

Never an honest word
口には出来ない言葉

But that was when I ruled the world
だが 私は王だった



難解な詩です。
Viva la Vida とは、英語に訳すと"Live the Life"になります。
直訳すると『人生を生きろ』になりますが、
公式には『美しき生命』と訳されていますね。

歌詞の解釈ですが、海外のフォーラムでも様々な議論がなされています。
最も多い意見としては、イエス・キリストを歌った歌である、という解釈です。

"Seas would rise when I gave the word"
は、旧約聖書でモーセが海を割って渡るところから、

"And I discovered that my castles stand
Upon pillars of salt and pillars of sand"
のくだりは、ルカの福音書に記されている砂の上に家を建てた人の話からだそうです。

日本人にはあまり馴染みがないので難しいですが、たしかに、と思ってしまいますね。

その他様々ですが、フランス革命じゃない?という意見や、ナポレオンじゃないか?という意見もありました。

みなさんはどう感じるでしょうか。



6 件のコメント:

  1. もう、最高です!!!

    返信削除
    返信
    1. 私もそう思います!(*^^*)

      削除
    2. はまりました!

      削除
  2. 歴史に残る名曲!!

    返信削除
  3. 「I」が、キリスト教や以前からの宗教に共通する(特定されない)「神」と思い込んで聴いていました。彼は王だったけれど、民は気づいてくれなかった。王と掲げた人々も、王の首を刎ねようとしている人々さえも、本当は彼の居所を知らない。

    色んな解釈のある曲だったのですね!

    返信削除
  4. 銀のさらに乗せられたと聞いて、サロメに出てくるヨハネ(ヨカナーン)や旧約聖書外伝ユディト記の王様とかを思い出しました。キリストが王と名乗るとも思えないし。仏教徒の意見ですが・・・。この唄が大好きで、大変ためになりました。ありがとうございました。

    返信削除